ASAHIイメージ02.jpg

LPガスの性質や特徴などについてご紹介します。

容器の中に入っているLPガスが液体だということをみなさんは知っていましたか?
LPガスは石油ガスを液化したもので、正確には液化石油ガス(Liquefied Petroleum Gas)といいます。
そしてこの頭文字を取ってLPG=LPガスというのです。
ここでは、LPガスの成分や性質について、都市ガスとの違いについてご紹介します。


LPガスが環境に対してクリーンなエネルギーであることを解説しています。

LPガスは現在、私たちのかけがえのない地球が直面している地球温暖化や酸性雨そしてオゾン層の破壊といった環境問題にも対応して、一般家庭や産業用、自動車燃料といった我々の生活を支えるクリーンなエネルギーとして期待されています。
LPガスは地球温暖化の原因とされる(二酸化炭素)の排出量が他の化石燃料に比べて少なく、酸性雨に対しても窒素分を全く含まず、硫黄分もほとんど含んでいませんので、SOx(硫黄酸化物)・NOx(窒素酸化物)対策として、有効なエネルギーといえます。
また、オゾン層の破壊につながる特定フロンに代わる物質として、ほとんどの分野でエアゾール用としてLPガスが使用されています。


LPガスがどのように生産され、家庭に届くのかをご紹介します。




LPガスが家庭で使われている以外に、どのような用途があるのかをご紹介します。